飲む応援

>> オンラインからのお申し込みはコチラ <<

 

あなたは誰を応援したいですか?

2021年8月佐賀県豪雨災害以降「支援方法が分からない」という言葉を頻繁に耳にします。
分かっていても、時間や手間がかかり後回しに。だから支援が進まない。広がらない。
これが今の日本、世界のリアルではないでしょうか。 そこで弊社は「飲む応援」という取り組みに着目。
飲む応援なら遠い存在になりがちな“支援活動”をより身近に感じられます。
『支援方法が分からない』『後回しになってしまう』という問題を解消することが出来るかもしれません。
「根本的に解決していこう」飲む応援は、そんなことを考えさせてくれる取り組みです。
─ 株式会社SSB 代表取締役 赤星拓 ─

あなたが自由に応援する先を選択できる
継続支援型自動販売機「飲む応援」

どうなる?

飲む応援とは?買うとどうなる?導入方法は? 導入メリットはあるのか?そんなさまざまな疑問点を

徹底解説

飲む応援とは?

社会課題の解決・企業の利益・継続的な社会還元活動
この三方に価値を生み出す取り組み。それが飲む応援。

<飲む応援の仕組み>
自動販売機、給茶機、オフィスコーヒー等、ご利用料金の一部を支援金として充てていただくことで、応援したい団体やプロジェクトを「無理なく」「手間なく」「継続的に」サポート。
スポーツ支援だけでなく、イベントの開催や地域貢献活動費に充てることも可能。
<一例>
■ 社会貢献
を目に見えるカタチにしたい
■ 地域貢献
を通して地元貢献をしたい
■ 企業の価値向上
を優先したい
■ 社員と共通価値の創造
をし帰属意識を高めたい
■ 若手社員への教育研修として
社員を大切にしたい

飲む応援」プロセス

  • ● オーナー様には毎月2,000円ほどの電気代のみをご負担いただきます。
  • ● 自動販売機の利益の全ては、あなたのまちを応援するSSBプロジェクト支援に充てられます。

 

買うとどうなる?

支援型自動販売機でドリンクを購入すると、利益の全てがスポーツを通じてあなたのまちの様々な地域貢献活動支援に充てられます。導入の際には各オーナー様にあった支援内容を担当者が現地調査しご提案させていただきます。


【例】1本あたり10円が支援に充てられるA社の場合支援

支援金はSSBプロジェクト支援へ

あなたのまちを元気にすることこそ、スポーツの使命だと我々は考えます。そこでSSBでは、支援金を モノ・コト に活用します。

【モノ】設置オーナー様が希望される各種団体及びプロジェクトに寄付いたします。
【コト】設置オーナー様や支援先団体と連携してイベント企画、地域貢献活動を企画・運営いたします。

SSBプロジェクト 一例

 

飲む応援だからできる

災害・BCP対策

  • 【01】災害時備蓄型自販機の展開 避難所に指定されている学校等において、災害時に自販機内の商品をご利用頂けます。
  • 【02】熱中症対策での自動販売機設置 地球温暖化による、最高気温や真夏日の上昇傾向も有り、文部科学省より、毎年、熱中症事故の防止についての依頼が出されております。
  • 【03】その他備蓄水や備蓄品の提供

    自動販売機だけではなく、災害用の備蓄水・備蓄品の提供や、熱中症対策としてのスポーツ飲料水の寄贈なども行っております。

災害・BCP対策01
災害・BCP対策02
災害・BCP対策03

 

【環境整備支援】スポーツや教育への貢献

100 Turf Project

支援金を活用し、御社と関わりの深いスポーツ施設や教育機関などに対して、人工芝・スポーツ用設備などの提供を行うことで、CSR活動を通じ地域社会への貢献を行うことができます。 ※設備・機材導入について、弊社にて手配可能です。

nomu_pro01
 

 

【イベント】スポーツイベント等の開催

JFAグラスルーツ推進・47FA連携

豊富なキャリアを持つトップアスリートやスポーツに関わる各専門家が、子どもたちのもとへ直接出向き「本物」に触れる機会をご提供する特別な空間を作ります。スクールの子どもたちだけではなく、広く参加を促すことで御社のCSRの認知度の向上に貢献することが可能です。

nomu_pro01
 

 

GOOD ON ROOFS

発展途上国支援

【GOOD ON ROOFS 支援金の活用】 アフリカの学校を電化し、子どもたちが学校に通うことで生活水準の向上、識字率の向上に繋がる様なプロジェクトを提供しています。


 

世界への挑戦をサポート

【SSB DREAM PROJECT】

日本から世界へ 日本から世界へ〜次世代の子供たちに夢を〜

この自動販売機の利益は全て志を持ち夢に挑戦し続ける日本人を応援するSSB DREAM PROJECT支援に充てられます。

紫村選手
 

 

その他

【あなたの飲む応援】

あなたのチームで、あなたのまちを応援しませんか? 飲む応援を、まちや地域の子供たちの為に頑張る各個別スポーツ団体・慈善活動団体の一つの活動ツールとしてご活用いただけます。 あなたのチームで、あなたのオリジナルの飲む応援をカスタマイズしませんか?

▲ 給茶機でも飲む応援!

導入方法

自動販売機の導入の流れについては以下の通りです。

【01】 まずはご連絡ください!
御社内でのご検討・設置を予定されている場所の情報を、お申し込みフォームまたは電話・FAXにてご連絡ください。
【02】 担当者が現地調査に伺います!
ご提供いただいた情報をもとに、担当者が実際に設置可能かどうかの確認を行わせていただきます
【03】確認及びご契約
現地調査にて問題がなければ、自動販売機ごとに、利用条件などを確認させていただき、ご契約の流れとなります。
【04】利用開始
ご契約を頂いた後、約2〜3週間程度で自動販売機が完了いたします。
※ゴミ回収や売り切れの対応などは、迅速に対応致します

毎月・利用明細の発行 / 原則年2回 支援金のお支払い
ご契約時にあらかじめいただいた、送付先に明細のご連絡、また、年2回にわけて支援金をご指定の口座に送金いたします。

導入メリット

【オンラインでの宣伝サポート】
■ SSB 公式HPにてご紹介
■ SSB 公式SNSにてご紹介
【支援証明書の発行】

お申し込み

オンラインからのお申し込みはコチラ
- - - - -
FAXからのお申し込みはコチラ

※印刷後、ご記入の上FAXにて送付ください

特設ページ

▼ 飲む応援パートナーご紹介ページはこちら ▼

SSB プロジェクトパートナー

リタジャパン
オンザグラス
エール株式会社
安田式体育遊び研究所
ベストアメニティ
谷田建設
ハムソーセージ工房イブスキ
大町自動車学校
タケダスポーツクリニック
タケダビューティークリニック
フクオカーナ
高川学園
伊万里ちゃんぽん
中国酒家貘
串揚げアンテナ
えんや
はばき様
voyage様
ぼばる様
食堂TOPO様
MOTHER's KITCHEN DACCO様
Feliche様
菜蓮本店様
菜蓮2号店様
揚千様
宵処様
焼人様
ワールドチキンボックス様
チギリ株式会社様
株式会社ナルセ設備様
住友生命熊本支社山鹿支部様